印刷する

生産ライン

ジャパンフーズでは、千葉県の本社工場内に、2012年7月最新鋭のペットボトルライン(Eライン)の導入に続き、2014年3月に既存大型ペットボトルライン(Tライン)をリバイタライズ(ペットボトルブロー成型機、無菌充填機(炭酸・非炭酸兼用)の増設)し、既存のペットボトルラインと缶ラインを合わせて、合計12の生産ラインを有しています。
新技術・設備の導入による受託飲料充填事業(コアビジネス事業)の更なる強化実現を目指しています。
このように様々な飲料の品目及び容器に対応できる充実したライン構成が、国内において飲料製造をリードしてきた当社の強み・特長であり、他の追随を許さない高度な生産体制を提供しています。
これら各種のラインは、一般的な清涼飲料はもちろん、缶チューハイ、カクテル飲料など酒類の製造にも威力を発揮します。

生産ライン構成

製造容器 容量 製造品種 ライン数  
ペットボトル成型+
無菌充填ライン
ペットボトル成型+無菌充填ライン 280ml~2L 炭酸・果汁・茶・コーヒー・野菜ジュース 2
ペットボトルライン 5
缶ライン 缶ライン 160ml~500ml 茶・コーヒー・酒類 3
BIBライン BIBライン 3.785L(10kg) 業務用濃縮飲料 1
リターナブルボトルライン リターナブルボトルライン 12L ボトルドウォーター 1

ペットボトル成型+無菌充填ライン

ペットボトル容器の成型から充填までを直結化し飛躍的に省スペースおよび省エネルギーを可能としたEラインと、既存大型ペットボトル専用ラインにボトル成型及び無菌充填を増設したTラインの2ラインがあります。容器の軽量化、ラベルの薄肉化にも対応した設備構成で、排出炭酸ガスが大幅に削減された環境に優しいラインです。

容器軽量化対応ボトル成型機
容器軽量化対応ボトル成型機
炭酸・非炭酸兼用無菌充填機
炭酸・非炭酸兼用無菌充填機
プリフォーム・成型したペットボトル
プリフォーム・
成型したペットボトル
製造容器 容量 製造品種 製造能力
充填本数(分)
ペットボトル成型+
無菌充填ライン
PET 280ml~2L 炭酸・果汁・茶 150~800
ボトル成型 800
大型PET 1、1.5、2L 炭酸・果汁・茶 250〜400
ボトル成型 400

ペットボトルライン

清涼飲料の主流となっている小型ペットボトル専用の2ライン、大型ペットボトル専用の1ライン、さらに小型から大型まで幅広く対応できる兼用の1ライン、ペットボトル・ボトル缶・ガラスびんに対応したマルチラインの1ラインの計5ラインがあります。

ペットボトルライン(1)
ペットボトルライン(2)
ペットボトルライン(3)
製造容器 容量 製造品種 製造能力
充填本数(分)
ペットボトルライン 大型PET 1、1.5、2L 炭酸・果汁・茶・コーヒー 190〜260
PET 280ml~1.5L 炭酸・果汁・茶 260~800
小型PET 280~ 500ml 炭酸・果汁・茶 600
小型PET
ボトル缶
350~500ml
300~500ml
炭酸・果汁・野菜ジュース 280~400
小型PET
ボトル缶
びん
350~500ml
300~500ml
140~360ml
炭酸・果汁・酒類 450
600
650

缶ライン

缶ラインには従来からあるSOT缶(プルトップの付いた缶)専用の2ラインと、SOT缶・広口小型ボトル缶兼用の1ラインの計3ラインがあります。

缶ライン(1)
缶ライン(2)
缶ライン(3)
製造容器 容量 製造品種 製造能力
充填本数(分)
缶ライン SOT缶 160~500ml 炭酸・果汁・酒類 500~900
SOT缶 160~350ml 炭酸・果汁・茶・
コーヒー・酒類
530~700
SOT缶
広口小型ボトル缶
190~350ml
190~300ml
茶・コーヒー・酒類
茶・コーヒー・果汁
700~800
600

BIBライン

BIBライン飲食店などで利用される濃縮飲料(Bag In Box:バッグインボックス)を製造するラインです。ペットボトルラインや缶ライン同様、衛生管理の行き届いた工場で生産されますので製品は長期間保存することが可能です。

製造容器 容量 製造品種 製造能力
充填本数(分)
BIBライン BIB 3.785L、10kg ウーロン茶・紅茶・茶・コーヒー
(業務用濃縮飲料)
3.5
(バッグ)

リターナブルボトルライン

リターナブルボトルライン水宅配事業で利用されるウォーターボトルは、使用後に徹底洗浄、殺菌処理され再利用されます。使い捨てではないのでゴミも削減できる、環境に配慮したボトルです。

製造容器 容量 製造品種 製造能力
充填本数(分)
リターナブルボトルライン リターナブルボトル 12L ボトルドウォーター 4(本)

バーチャル工場見学

缶コーヒー、ペットボトル入り炭酸飲料の製造工程を、
アニメーションでわかりやすく解説しています。

バーチャル工場見学