トップページ > CSR活動 > 地球環境のために
印刷する

地球環境のために

環境

環境方針

私たちは、房総の豊かな水と、美しい自然の恵みにささえられ、人々にうるおいと健康を提供する企業として発展してまいりました。
「自然環境との調和、地域社会との共生」を経営理念に、このかけがえのない自然環境を大切にし、よき企業市民として地域社会とともに歩むことをめざし、次のことを行います。

  1. 1. 私たちは、地球資源が有限であることを認識し、資源及びエネルギーの節約に努めます。
  2. 2. 私たちは、自然環境保全の重要性を認識し、廃棄・排出物を抑制し、汚染の予防と環境負荷の改善に努めます。
  3. 3. 私たちは、限られた資源・エネルギーを大切にし、豊かな自然環境を保全するために、環境目的・目標及びプログラムを定め、実行し、継続的に改善を行います。
  4. 4. 私たちは、「コンプライアンス・プログラム」にもとづき、必要な法規制・地域協定・業界規範などを遵守した活動をおこないます。
  5. 5. 私たちは、次世代の繁栄を願い、社会の環境活動には積極的に貢献し、協力します。

温室効果ガスの大幅削減

2006年2月、工場内で使用されている蒸気ボイラーの燃料を、資源の枯渇が心配されている化石燃料(重油)から、多量の埋蔵が確認されている天然ガスに転換しました。
天然ガス転換により、限りある資源を節約し、地球温暖化の原因となる炭酸ガス(CO2)、酸性雨の原因となる硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)などを大幅に排出抑制することができました。
天然ガス転換前後の各1年間の炭酸ガス発生量の比較では、20%(10,000トン)を削減でき、地球温暖化ガスの大幅削減に貢献しました。
もちろん国際的に高騰している重油燃料の削減は当社にとって多大な経済的効果をもたらしました。
さらに「再生可能エネルギー固定価格買取制度」が施行されたことを機に、2013年夏、当社本社工場の新館屋根を利用して太陽光発電システムを設置・稼動させています。太陽光発電システムはCO2排出量の削減などとともに、パネル設置による夏場における屋内の遮熱効果も期待できるものです。

温室効果ガスの大幅削減
温室効果ガスの大幅削減

厳しい排水管理

工場排水は、近隣農家の農業用水として利用していただくために、長柄町および近隣農家と締結した「排水に関する上乗せ排出基準」を設け、厳しい排水管理を行っています。

厳しい排水管理

RO膜による水回収リサイクル施設

地下水を生産資源として利用している当社では、製造工程で使用した使用済水を回収し、殺菌、ろ過工程を経て、ボイラー用水などの飲料製造以外の工程で再利用する、水回収リサイクル施設を設置して水資源の節約を推進しております。

RO膜による水回収リサイクル施設

廃棄物の再資源化に向けての取り組み

コピー用紙、ペットボトル及び缶などの飲料容器から製品の梱包材まで、工場から排出されるすべての廃棄物は、再資源化のために分別収集し、廃棄物の再資源化に向けての取り組みを推進しております。

コーヒー等の出し殻を利用した土壌改良材

飲料の調合過程で出るコーヒー等の出し殻は畑の土壌改良剤として県内農家に供給しています。出し殻に水分が多く含まれていると、土壌改良として不十分であり、また、輸送コストも増加するため、大型脱水装置を設置し適切な含水量まで脱水を行って出荷しております。

コーヒー等の出し殻を利用した土壌改良材